/*/*/

エアコンのシェアの知られざる実態とは。その占有地図ができた以外な理由とは。

エアコンのシェエ地図をすぐ思い浮かべられる人は少ない


エアコンのシェア=市場占有率は普通の人はあまり気にしていないでしょう。
エアコンではなく、自動車ならば、トヨタがシェア一番であることは多くの人が知っていますよね。
おなじように、たとえば携帯デジタルプレーヤーならばiPod、タイヤならブリジストン、ビールならアサヒかキリン、ハンバーガーならマクドナルト…。
さて、それではエアコンのシェアは?
これがなかなかすぐには思い浮かびません。
いえ、それが普通です。
なぜかというと、それは、エアコンには普通の電化製品とちょっと違う事情もあるからです。


:::::

そもそもエアコンってなんだ?

エアコンはなんでしょう?
「なんでしょう?」という言い方も変ですが、つまりエアコンは通常、家電だと思われるわけです。
家電=家庭用電化製品ですよ。
それで思い浮かぶブランドは…松下電器産業(今はナショナルからパナソニックになりました)、それから? 東芝、シャープ、日立、三菱…。
そうすると、エアコンのトップシェアもその中にありそうじゃないですか。
ところが違うんです。

さて…ダイキン工業という会社を耳にしたことがあるでしょ。
実は、このダイキン工業が今やトップ。
2004年にはシェア16.5%を獲得しています。そればかりではありません。
業務用エアコンにいたっては42%という、ほとんど半分です。
まさに日本最大のエアコンメーカーと言えるでしょう。

エアコンは家電でもありますが、家電ではないエアコンも多いのです。
ひょっとしたらそちらのほうが多いかもしれません。
オフィスビルや店舗、工場や倉庫、公民館や庁舎…そういう場所に設置されるエアコンの数も膨大な数にのぼります。
そちらの世界で40%超のシェアはすごい数字だと思います。

似たようなことが、たとえば冷蔵庫なんかでもあります。
冷蔵庫…ご家庭で買うのはつまり家電ですから、きっとナショナルとか東芝、三菱、日立…などでしょう。
でも、たとえばあなたがお寿司屋さんへ行きます。そこで寿司ネタを冷やして置いてある機器は、たぶん…というか、
ほとんど、そういうブランドではないと思います。星崎精機とか三洋とか、家電センターではあんまり見かけないブランドが、そういうところでは強かったりします。

ダイキンが一位になった一因は「ぴちょんくん」

ダイキン工業…けっしてこれまで知名度は高くありませんでした。
それがどうして、家庭用エアコンでもシェアをのばしたのか。
テレビを見ていても、ことさらダイキンのCMが多いとは思えません。

そこで、知名度アップに貢献したと思われるのがイメージキャラクター「ぴちょんくん」です。
「うるるとさらら」というダイキンエアコンのシリーズがありますが、
この発売に際して「ぴちょんくん」がイメージキャラクターとして使用。すると、
ダイキンのルームエアコンの売り上げが伸び始めたというのです。
なかなか、こういうのも大切なのですね。

■はてな?情報メモノート

はてな?と感じたことをいろいろ調べたメモノートです。
「はてな?」「なんだろう?」と感じたこと、どうしていますか?
もちろん本で調べたりネットで検索してもいろいろ情報は得られます。
このサイトでは、わたしなりに勉強したり調べたことをまとめています。
「普通の人が普通の感覚で調べて理解して…」に留意して内容をまとめたつもりです。
どなたかのお役になてれば…。


やずや香酢(黒酢) の効能
++++++





エアコンシェアとは

エアコンのシェア=市場占有率を気にしてエアコンの購入を考える人はあまり多くないことでしょう。これがビデオテープやブルーレイなどの場合、その規格の将来がどうなるかが気になりますが、エアコンにはあまりそういう要素はありません。ではなぜエアコンのシェアを気にする? たとえばですが、エアコンの寿命って長いですよね。つまり、使用期間中に自分が購入したエアコンブランドが経営的に不調になって修理もアフターサービスもできなくなったら…。

はてな?情報ノート

関連コンテンツ
【実務・社会関連の「はてな?」】