デニムダンガリ(デニム&ダンガリー)は「大人も着たくなる」子供服。シャツやパンツにワンピース…ママのサイズもであるデニムダンガリを親子で楽しみましょう。

デニムダンガリー「DENIM&DUNGAREE」、大躍進の秘密

デニムダンガリーは子供服のブランドです。
「デニム&ダンガリー」=「DENIM&DUNGAREE」とも呼ばれます。
ひょっとして、こちらのほうが正式?ですよね。

デニムダンガリーの運営は株式会社フィス(FITH)という会社がやっていますが、
このフィスという会社、スタート時の資本金は150万円だったとか。
えっ、本当ですか?という感じです。
昭和57年のはなしですから、まだ有限会社ですら
最低300万円の資本金が必要だったはずです。
なのに資本金150万円ですから、これは会社という規模ではなく
ほとんど個人事業の規模ですね。
それが今では、資本金3000万円、
社員を150名近くもかかえ、年商が30億円以上という会社になっています。
その原動力となっているのがデニムダンガリーということですね。

デニムダンガリー、親子で着られるアメカジファッション


デニムダンガリの子供服は、一言で言うとお洒落です。
テイストでいえば、アメカジの路線でしょうか。
そういう「味付け」というか、ちょっとこだわったデザインのウエアを子供に着せようとする親ですから、
親のほうもおそらく普通のデザインの衣類では満足してないはず…
ということで、デニムダンガリーの子供服には
(おそらく全部ではないと思いますが)
ママさんサイズも用意されており、
つまり、子供とのペアルックを楽しめるのです。

デニムダンガリーのホームページをのぞくと
そのウエアを着た子供たちの写真がたくさん載っているのですが
ほとんどが白人系の外人の子供たち。
日本人の子供もいるのですが
なぜか、その子まで外人に見えてしまいます。
これもデニムダンガリーのかっこよいデザインのおかげでしょうか。


デニムダンガリー、安心して着られる品質

デニムダンガリーは、こだわりがあるぶん、ちょっと値段も高めです。
そのかわり、生地や縫製、染めなどもしっかりしていると評判。
ひとつひとつ手作りを感じさせる入念で丁寧な仕上がり具合は
製作にたずさわる職人さんの真心や、
「よい品を販売しよう」というデニムダンガリーの心意気が感じられます。
洗濯しても色落ちしにくいなど、活発ざかりの子供が着る服としては
とても重要なポイントをおさえていると思います。

デニムダンガリーの直営ショップは
東京ならば表参道、浅草、台場の3店。
ほかに名古屋と広島のパルコ、大阪はなんばパークス、
福岡のキャナルシティもあります。

直営店の他に、全国にはデニムダンガリー取扱い店が数多くあり
北海道、青森、秋田、岩手、宮城、福島、群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉
……と、ほとんどの都府県に取扱い店があり、沖縄県にも2店あります。

はてな?情報メモノート

はてな?と感じたことをいろいろ調べたメモノートです。
「はてな?」「なんだろう?」と感じたこと、どうしていますか?
もちろん本で調べたりネットで検索してもいろいろ情報は得られます。
このサイトでは、わたしなりに勉強したり調べたことをまとめています。
「普通の人が普通の感覚で調べて理解して…」に留意して内容をまとめたつもりです。
どなたかのお役になてれば…。







デニムダンガリー(デニム&ダンガリー)

「デニムダンガリー(デニム&ダンガリー)の子供服、高値で買い取ります」…こんな広告を見かけることがあります。デニムダンガリーの子供服はそれほど丈夫で作りがしっかりしていて、しかも人気がある、ということですね。かつて子供服の世界でこんなブランドはありませんでした。「大人も着たくなる」子供服だといってよいでしょう。

はてな?情報ノート

関連コンテンツ
【ファッション関連の「はてな?」】
やずや香酢(黒酢) の効能