/*/*/

ハマタイトとは横浜ゴムのシーリング材・接着剤などの総称。タイヤメーカーというよりゴムの専門メーカーとしての技術を示すのがハマタイトなのかもしれません。

ハマタイトとは横浜ゴムのシーリング材などの総称

ハマタイトとは、横浜ゴム株式会社が製造・販売する製品のひとつ。
横浜ゴムといえば、自動車のタイヤで知られる会社ですね。
ヨコハマゴムというブランドもありますし、アメリカにはヨコハマタイヤコーポレーションという会社もあります。
試みにウィキペディアで横浜ゴムを検索すると、ほとんどがタイヤについての記述で埋められています。
たとえば自動車用タイヤのブランドであるADVANシリーズ のことであったり、
SUPER GTや世界ツーリングカー選手権の提供するタイヤのことであったり…。

しかし、横浜ゴムはタイヤだけの会社ではありません。現にハマタイトはタイヤではありません。

さて、横浜ゴム株式会社は1917年創業で、当時は「横濱護謨製造株式会社」と称していました。
「護謨」とはもともとオランダ語であった、ゴム【 gom】の当て字です。
このことでわかるように、横浜ゴムはもともと「タイヤ専門メーカー」であったわけではなく、「ゴム=護謨」の会社だったわけです。
ですからタイヤ以外のゴム製品もたくさん開発しており、ハマタイトもそのうちのひとつ。
そういう意味ではハマタイトは、横浜ゴムの「本業」部分の製品といえるのかもしれません。


:::::

ハマタイトは建築現場では欠かせないシーリング&接着剤

ハマタイトはどういう製品か…というと、特殊な機能を有する建築資材の一種。
たとえば、接着剤であったり、シーリング材であったり、コーティング材であったり…。
ようは、それらの総称がハマタイトということになります。
どういう現場で使われているかというと、代表的な例では、建築現場のシーリング。
建築物の目地の水密性や気密性の保持や、ガラスなどを接着などに使われます。

そのほかにも、ビルの屋上やベランダなどの防水剤=建築用ウレタン防水材、
外壁のクラック補修に使う建築用注入材、
木質・タイル・石材などに用いる内外装の建築用接着剤、
ポリサルファイド系、ブチルゴム系の複層ガラス用シーリング材…
これらすべての総称がハマタイトなわけです。

ハマタイトを支える優れた技術

これら、ハマタイトのおおもとになっているのが、
昭和38年に開発されて二成分形ポリサルファイド系シーリング。
これは国産初の快挙がきっかけとなり、
現在展開されるさまざまなハマタイトが生まれたわけです。

また、建築用シーリング材として製造されているハマタイトですが
こちらは廃棄物処理法の特例制度である広域認定制度を活用し、
マテリアルリサイクルを実現。
負担を軽減しています。

■はてな?情報メモノート

はてな?と感じたことをいろいろ調べたメモノートです。
「はてな?」「なんだろう?」と感じたこと、どうしていますか?
もちろん本で調べたりネットで検索してもいろいろ情報は得られます。
このサイトでは、わたしなりに勉強したり調べたことをまとめています。
「普通の人が普通の感覚で調べて理解して…」に留意して内容をまとめたつもりです。
どなたかのお役になてれば…。


やずや香酢(黒酢) の効能
++++++

ハマタイトの意味はシーリング材?接着剤?

ハマタイトの意味ってなんなのでしょう。
シーリング材とか接着剤という意味があるのでしょうか。
捜したのですが、どこにもそういった記述が見つかりません。
おそらく、ハマは、横浜のハマに間違いないでしょう。
そしてタイトは、タイト【tight】=1 きついこと。かたくしっかりしていること。ぴったりと密着していること。また、そのさま。「―な結び目」「―なスーツ」
この、「しっかりしている」「ぴったり密着」…このあたりの意味を「ハマ」とくっつけた=「タイト」させた、のではないかと思われます。

はてな?情報ノート

コンテンツダイジェスト
  • WOWOW解約
  • エアタイト・扉やドア
  • 将棋の定石
  • メゾン・ダジュール
  • 健康診断でメタボ検診
  • 無印良品の化粧品


  • はてな?と感じたことをいろいろ調べたメモノートです。
    「はてな?」「なんだろう?」と感じたこと、どうしていますか?
    もちろん本で調べたりネットで検索してもいろいろ情報は得られます。
    このサイトでは、わたしなりに勉強したり調べたことをまとめています。
    「普通の人が普通の感覚で調べて理解して…」に留意して内容をまとめたつもりです。
    どなたかのお役になてれば…。



    やずや香酢(黒酢) の効能