ハイドロキノン化粧品について

ハイドロキノンの効果は?副作用はないの?使い方は?誰もが使えるハイドロキノン化粧品って?…そんな疑問にすべておこたえ!


ハイドロキノンは皮膚科の医療現場でも使われる「最強の美白成分」。 その効果は本当なの? 副作用は? 使い方は? そして最近では医療だけでなく、ハイドロキノンは化粧品にも使われています。 ここではハイドロキノン化粧品の「なぜ?」におこたえします。

ビバリーヒルズ発のハイドロキノン化粧品←すぐに見る!
ハイドロキノン化粧品一覧←すぐに見る!

ハイドロキノンが化粧品にも使われるようになった!

ハイドロキノンという成分が今、注目されています。
「最強の美白成分か?」
などとも言われ、その効果を「漂白」と表現する人もいるほどです。
もともと、皮膚科などの医療現場で用いられた成分・ハイドロキノンですが、今ではそれが化粧品にも配合されるようになり、より手軽にその効果や恩恵に浴することができるようになりました。
それでは、今、「ハイドロキノン化粧品」と呼ばれるものにはどんなものがあるのでしょうか?

まだまだ少ない、ハイドロキノン化粧品

ハイドロキノンは、アメリカでは4%になると処方箋が必要な「医薬品」として扱われます。
ヨーロッパでは、ほぼ医薬品としての利用がほとんど。
化粧品として用いられたものを、わたしは知りません。
しかし、日本では現在、ハイドロキノンの化粧品利用についての制限はありません。
ただ、日本でも皮膚科で医療用として使われること、そして原価が高いことなどから、使われていても1%、あるいは0.1〜0.5%程度がふつうです。

というような状況ですが、実際にハイドロキノンを使った化粧品をいくつか挙げてみましょう。

●SHINOプリンセス
ハイドロキノン配合クリーム。20g入りで18,900円。

●ドクターシーラボ ブライトニングポイントクリーム
ハイドロキノン配合クリーム。5g入りで3,150円

●ロート製薬エピステーム HQ ブライトコンセントレイ
12g入りで13,650円

●ビーグレン(ビバリーグレン)ホワイトクリーム
ハイドロキノン配合クリーム。30g入りで10,500円

中でもビーグレンのホワイトクリームは、アメリカ発の独自の浸透技術によって、2%のハイドロキノンをはじめとしたさまざまな成分をお肌の奥まで届けてくれるので、使用者のクチコミも感動の嵐のようなイキオイ。

濃くなったシミを薄くする成分としては、現在ハイドロキノン以上に効果的なものはありません

なぜ、このような変化があらわれているかといえば、医療テクノロジーを応用した優れた浸透技術にあります。
成分がす〜っと肌の奥まで届くので、「配合%だけがむだに高い」化粧品とは変化が違う…というわけです。

ビーグレンの優れた浸透力

このハリウッド発のブランドは、現在(おそらく将来も)、通信販売のみでしか入手できませんが、365日返金保証やきめ細やかなサポートセンター(お肌だけでなく、ふつ〜の人生相談やグチなども聞いてくれるらしい…)など、安心して試せるバックヤードもしっかりしており、今、もっとも注目すべきブランドです。


ビーグレンの詳細を見る→★ビバリーグレンラボラトリーズ★

最近更新されたコンテンツ

  • ハイドロキノン 効果 : ハイドロキノン、強力な美白効果の秘密
  • もともと、ハイドロキノンとは、アルブチン(植物から抽出)の一種で、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶、細菌類、海洋生物種の副産物など天然にも存在するものです。 これはおそらく、あまり知られていないですね。 さて、ハイドロキノンの働きですが、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの働きを弱めるといわれます。 そして、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトの活動を抑えます。 さらに、直接メラニンに働きかけて淡色化する「漂白作用」をも持つともいわれています。 この漂白作用=美白効果がどれほどかというと、やは...

  • ハイドロキノン 副作用 : ハイドロキノンの副作用
  • ハイドロキノンはとても強力な美白効果で知られます。 それでは、そのハイドロキノンに副作用はないのでしょうか。 実際にハイドロキノンを処方しているクリニックのサイトには次のように記してあります。 「Q 副作用はありませんか?」 「A まれに赤みやかぶれが起こることがあります。」 また、その美白効果=漂白作用がとても強いので、副作用で白斑ができることがあるとして、化粧品への配合ができない時代もあったようです。 あと、これは副作用とは呼ばないかもしれませんが、最初はシミのない普通の肌のほうが白くなり、...

  • ハイドロキノン 副作用 : ハイドロキノンの管理に起因する副作用
  • ハイドロキノンの機能自体とはすこし違う副作用かもしれませんが、その保管上の問題によって生じる不具合もあります。 純度の高いハイドロキノンは熱や光に弱いと言われます。 ですから、保管や保存がぞんざいだと劣化してしまうことがあるのです。 劣化=酸化によって生じるベンゾキノンは、強い刺激を与える事もります。 製造年月日が古い製品や茶色に変色しているものは、使うことを避けたほうが賢明でしょう。...

  • ハイドロキノン化粧品一覧 : イチ押しのハイドロキノン化粧品は?
  • イチ押しのハイドロキノン化粧品は?→【b.glen】シミ対策・美白お試しセット 【医療レベルのテクノロジー】この効果 コスメとは呼べない 【b.glen】シミ対策・美白お試しセット ※おすすの理由 1:医療レベルのバイオテクノロジーがもたらす違い。 2:独自の浸透技術でハイドロキノンが奥までヒット。 3:肌の新陳代謝を促しシミを肌から排出。...

  • ハイドロキノン化粧品一覧 : その他のハイドロキノン化粧品
  • 「WHITE377」国内初配合!【定形外送料無料】ドクターシーラボ!Dr.Ci:Laboスーパーホワイト377...価格:4,300円(税込、送料別) 長時間トリプル透白ケア◆初めてお買い上げの方限定で50%OFF◆α-アルブチン配合美容クリーム...価格:5,250円(税込、送料別) 白肌化粧水材料セット【送料無料】価格:5,250円(税込、送料込) 集中ピンポイント『シミ封じ!!』濃厚クリームが一晩中アタック!シミケアで翌朝ぽろり!モニター...