【ハイドロキノン配合】を手軽に試せるビーグレン・シミ・美白セットはこちらから←

【ハイドロキノン化粧品】Top >  ハイドロキノン 効果

ハイドロキノンは化粧品、医薬部外品、軟膏やクリームなどの他、皮膚科などでも処方されており、理由は「効果」にあります。このページではハイドロキノンの効果についてまとめています。

ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンには、アルブチンの100倍の美白効果があるといわれ、メラニン合成酵素であるチロジナーゼを阻害する効果が強力にあります。
もともと、還元剤として用いられる成分でしたが、その強力な漂白作用を利用し、美白剤として処方されることとなりました。
「シミができないようにする美白」…にとどまらず、「できてしまったシミに働きかける」…という作用で注目されており、皮膚科医や美容・形成外科クリニックでは、シミや、色素沈着、時には肝はんなどの治療のためにも処方されているのです。

【ハイドロキノン配合】を手軽に試せるビーグレン・シミ・美白セットはこちらから←

ハイドロキノン、強力な美白効果の秘密

もともと、ハイドロキノンとは、アルブチン(植物から抽出)の一種で、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶、細菌類、海洋生物種の副産物など天然にも存在するものです。
これはおそらく、あまり知られていないですね。
さて、ハイドロキノンの働きですが、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの働きを弱めるといわれます。
そして、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトの活動を抑えます。
さらに、直接メラニンに働きかけて淡色化する「漂白作用」をも持つともいわれています。
この漂白作用=美白効果がどれほどかというと、やはり美白化粧品原料で知られるアルブチン、コウジ酸、ビタミンCの約100倍といわれています。

【ハイドロキノン配合】を手軽に試せるビーグレン・シミ・美白セットはこちらから←