/*/*/

レッドムーンはサドルレザーを使ったベルトやウォレット、財布の工房。確かな品質と存在感のあるデザインでバイカーズ系だけでなく多くの人に愛されるのがレッドムーン。最初に入手したいアイテムはやはりウォレットとベルト。

レッドムーンはサドルレザーを使ったベルトやウォレット、財布の工房。確かな品質と存在感のあるデザインでバイカーズ系だけでなく多くの人に愛されるのがレッドムーン。最初に入手したいアイテムはやはりウォレットとベルト。

レッドムーン…ベルトやウォレット、キーケースに独特の存在感を与えた皮革製品ブランド

レッドムーンとは1993年にスタートした皮革製品の人気ブランドです。
創業1993年というとまだ若いブランドのようですが、「進化するベーシック」というブランドコンセプトのもと、
本革製ウォレット、財布、ベルトなどの小物はもとより、皮革製ジャケットやシャツなどのウエアも発表。
皮革製品のジャンルではとてもコアな人気を誇るブランドであります。

その人気のベースとなっているのは、おそらく
創業当初から採用している、サドルレザーの使用でしょう。
サドルレザーとは、元来、厚く固めの皮革でしたが、
それを財布、ウォレット、キーケースなのに使ったというころが斬新でした。
最初はやや硬さが気になるものの、使っていくうちにだんだんと馴染んできて
深い味わいや、独特の質感、風合いが出てきます。
その過程を楽しむこともレッドムーンの魅力かと思います。
このことによって…
「それまでファッションの脇役で しかなかった財布を『レザーウォレット』の名で
 世の中に認知させ、主役の座にまで押し上げた先駆者でもある」
と、自ら宣言するにいたるブランドです。


:::::

レッドムーンに共通するアイディンティティ

さて、財布、ウォレット、キーケース、ベルト…レッドムーンの製品のいずれにも共通しているデザインは
いろいろな形容をされています。

「インデアンな感じ」
「民族的」
「無骨」
「石(輝石)の使い方がいい」
「シンプルで太い」
「アメリカンな感じ」
「ヨーロッパの貴族というより荒野のカウボーイ」
「ハーレーが似合いそう」

「ハーレーが似合いそう」に関しては
1994年にハーレーダビットソンの専門雑誌「VIBES」に広告を掲載、
レッドムーンの存在感が圧倒的支持をもってハーレーフリークに迎えられ
ブランドの底力を見せつけました。

レッドムーンのベルト…スロースターターの本命アイテム

レッドムーンが多く用いるサドルレザー…この素材的特徴からいくと
ベルトはもっとも相性のよいアイテムのひとつだと考えられますが、
以外にもベルトが商品化されたのは1995年、
サドルレザーのウォレットなどの2年後でした。

ベルトも、財布など他のラインナップと同様、
ざっくりとしたフォルムに味わいのあるブっとい金具…
手にした時の存在感は、そんじょそのへんのベルトではありえません。
そして、分厚いサドルレザーに打たれたリベットや埋め込まれたストーンが
重厚な存在感のうえにトライバルなテイストを加えています。

レッドムーンのベルト、いえ、ベルトにかかわらず
ほかのウォレット、財布などもですが…
価格はちょっと高いかもしれませんが
充分な価値をあなたに与えてくれることでしょう。


■はてな?情報メモノート

はてな?と感じたことをいろいろ調べたメモノートです。
「はてな?」「なんだろう?」と感じたこと、どうしていますか?
もちろん本で調べたりネットで検索してもいろいろ情報は得られます。
このサイトでは、わたしなりに勉強したり調べたことをまとめています。
「普通の人が普通の感覚で調べて理解して…」に留意して内容をまとめたつもりです。
どなたかのお役になてれば…。


やずや香酢(黒酢) の効能
++++++

レッドムーン、サドルレザーで切り拓いた運命

レッドムーンは加工の難しいサドルレザーを一貫して用いる皮革製品メーカー。レザーウォレットなど、すべての皮革製品は革の裁断から縫製そして仕上げにいたるまでを、すべてひとりの職人が一貫して執り行っており、そのシステムが作品ひとつひとつの完成度や仕上がりのよさに直結しているといわれます。また、製作マニュアルはなく、口伝継承によってのみ、技術と魂が伝えられるという伝説のような工房。

はてな?情報ノート

はてな?と感じたことをいろいろ調べたメモノートです。
「はてな?」「なんだろう?」と感じたこと、どうしていますか?
もちろん本で調べたりネットで検索してもいろいろ情報は得られます。
このサイトでは、わたしなりに勉強したり調べたことをまとめています。
「普通の人が普通の感覚で調べて理解して…」に留意して内容をまとめたつもりです。
どなたかのお役になてれば…。



やずや香酢(黒酢) の効能